Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

ステッカープリントの用紙5選

驚きの事実化もしれませんが、調査によるとステッカーはこの時代最も売れているデジタル製品の一つだそうです。安くて、イベントや商品のプロモーションやシンプルにバンパーに貼ったり装飾にもとても役立つアイテムなので人気なのです。ビジネス、プロジェクト、キャンペーン、政治活動などありとあらゆる分野でゴールやターゲットにアプローチするために便利です。個人、グループ、政党、規模をとわずあらゆるビジネスから高く支持されていることも理解できます。 

ステッカー製作にご興味を持ち始めたとき、初めてならなおさら色々な疑問や考えに出会うかもしれません。 

ステッカー用紙についても沢山の種類があることにお気づきかもしれません。もしくは、全く知識がない状態でしょうか?この記事では、ステッカー用紙の種類について少し学んで、どれが希望にピッタリなのか見ていきましょう。 

1.上質紙 

最も一般的なタイプの紙です。あまりお勧めではありませんし、人気はありませんが、この紙を利用してのステッカー製作はもちろん可能です。簡単に破れてしまい、ハイクオリティな印刷には対応していません。アピールするには向いていないので、通常は個人利用の場合に使われます。 

2.クラフト紙 

品質と言う意味では、上質紙とほとんど同じです。テキスチャーも似ているので、同じに感じます。クラフト紙と上質紙の大きな違いは色です。クラフト紙は茶色です。どちらも平均的な意味では低クオリティとなります。 

3.クローム紙 

クローム紙は光沢のあるタイプの紙です。雑誌に使われているような紙と似ています。滑らかな肌触りでテカテカしています。この特徴から、一般的なオフィスプリンターではこのステッカー用紙を処理できません。これで制作したいのであれば、アートペーパー用インクが必要です。この紙の特徴は耐水性があることと、上質紙やクラフト紙よりも高品質であることです。 

4.ビニール紙 

この材質はステッカーに利用されるものの中で最も一般的です。丈夫で、かつ安価で高品質な印刷にも対応しています。ビニールステッカーには仕上げも利用することができます。一般的に光沢を与えたり強度を上げるためにコーティングを行う事が多いです。 

5.透明紙 

透明な材質は紙に比べてプラスチックのようなものです。この材質に印刷するのは一般的ではありませんが、一部では使われます。どちらかというとキーホルダー制作の場合に使われることで知られています。 

コツ:依頼するプリントサービスやプリントショップと相談してください。作りたいステッカーに合わせた素材を提案してもらえます。材質によって、外部に強いもの、熱に弱いもの、低温に強いもの、そうでないもの、などがあります。このため、材質を選択する前にステッカーを利用する目的を必ず明確にしてください。こちらのオンラインショップをご覧くださいhttps://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/ 

Related posts
デザインビジネスブランディングマーケティング

エージェンシーのようなブランディング機関は、気候変動を気にしていますか?

ビジネス

オンラインショップ管理の時間の使い方

ビジネス

オフィスワークに役立つセルフインクスタンプ3種

ビジネス

特にビジネスシーンでは

Sign up for our Newsletter and
stay informed