Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

オフィスワークに役立つセルフインクスタンプ3種

様々のビジネスの部門でセルフインクスタンプは非常に役に立ちます。フォーマルな場面ではセルフインクスタンプは、法的文書が会社や組織から発行され取引先へ送られる前に、本物であることや権限を持った者の承認を得たことの証明として使われます。専門家(Kiasu Print Pte Ltd)によると、会社や組織のロゴを紙に押印することで、文書を受け取った人は安心して受け取ることができるのです。経営者にとってセルフインクスタンプは大変有益なものとなります。

これほどフォーマルな場面で無くても、役立つ場面は他にもあります。例えば、ドキュメントの整理や、単にデコレーションの意味合いとして利用するのも良いです。

では、セルフインクスタンプには様々な種類があることをご存じでしょうか?製作することを考えておられるのであれば、専用スタンプを製作する前に既存のオプションについて知ることがお勧めです。

1.昔ながらのセルフインクスタンプ

名前の通り、こちらは最もベーシックなタイプのセルフインクスタンプです。基本的に、木製の持ち手にセルフインクスタンプがついたものとなり、お好きなデザインが彫られています。最近では持ち手はプラスチック製であることも多いです。このタイプは紙に押印するために別のインクパッドが必要です。このため少し不便ではありますが、値段がお手頃で信頼できる製品となります。あまり持ち運びをしないのであれば、こちらのタイプで問題ありません。

2.セルフインクスタンプ

このタイプはベーシックな木製セルフインクスタンプから進化したものです。セルフインクスタンプのメカニズムは少し複雑ではありますが、手動でインクを付けなくていいのでベーシックなタイプに比べて便利です。スタンプ本体にインクパッドが付いているので時間や手間が省けます。小さくてコンパクトで、ポケットにも入るので持ち運びに最適です。

3.インク浸透スタンプ

インク浸透スタンプはセルフインクスタンプとの違いはあまりありません。大きな違いは、浸透タイプはインクのリザーバーがあるということです。このリザーバーにより使用するごとに自動でインクを付けることができます。このタイプには油性インクが適しています。セルフインクスタンプと同様に、別にインクパッドを持ち歩く必要が無いので持ち運びに大変便利です。

まとめ:どんなスタンプのタイプを選ぶにしても、必ず信頼のおけるセルフインクスタンプメーカーで注文をしてください。少しお値段が高くなっても、印影がきれいで、長く使うことができる高品質なスタンプを手に入れましょう。

Related posts
デザインビジネスブランディングマーケティング

エージェンシーのようなブランディング機関は、気候変動を気にしていますか?

ビジネス

ステッカープリントの用紙5選

ビジネス

オンラインショップ管理の時間の使い方

ビジネス

特にビジネスシーンでは

Sign up for our Newsletter and
stay informed